【おさっしゃと呼ばれる祭】
inaka2

わたしの住んでいた所は約三十年前の当時からすでに過疎の進んだ山村でした。

里からやや外れた山中まで四百段ほどの丸木を据えた山道が続き、古いお社があります。 そこは二間四方ばかりの小さな社殿一つだけで、ここ何十年も改築などされておらず、 柱などは相当傷んでいました。
ご神体は社内にはなく、背後の深い山々がご神体そのものであるようでした。

当然、神職も常駐してはいません。
社の前は草木が刈られて小さな広間となっておりましたが、 そこに神職はじめ村の主立った者が集まって土地神へ捧げるお祭りをとり行うのです。
それが「おさっしゃ」と呼ばれるお祭りでした。


おさっしゃで舞を舞う男の子が一人おり「にしろ」と呼ばれていました。 

「にしろ」としてこのお社の中で経験したことは、絶対に人に言ってはいけないし、 また聞いてもいけないことになっていたため、どのようなことなのかはわかりません。
そして次の年の「にしろ」にわたしがなったのです。

「にしろ」は前年の祭りが終わった十二月に、十一歳の男の子の中から選ばれます。
自分で言うのもなんですが、 「にしろ」に選ばれるのは、顔立ちの優しい体つきの華奢な子です。
そして選ばれたその日から「にしろ」は女の子として育てられます。
髪を伸ばし、女の着物を着て村長のお屋敷の一間を借りて過ごします。

学校へはその一年は行きません。
義務教育なので行かなくてはならないのですが、村立小学校でも問題にはせず、一年間欠席扱いです。
そして学校の勉強をしない代わりに、お祭りで舞う踊りを習います。

神職が笙の笛、古老がひちりきなどを担当します。
村長のお屋敷から外に出ることはできませんが、毎日のように 両親や祖父母が会いに来てくれました。 ただ学校の友達とは会うのを禁じられていたため、それは寂しく感じました。

一年が過ぎ、「おさっしゃ」の当日です。朝から薄化粧を施されます。

髪は肩の辺りまで伸びて、自分で鏡を見ても、まるっきり女の子でした。
神職達はこまごまとお祭りの準備をします。

わたしは昼時に神餅を少し食べさせられただけです。
そして夕暮れになると、巫女のような着物を着せられた「にしろ」は 「にご」という竹で編んだ大きな鳥籠のようなものに入れられ、丸木を組んだものの上に乗せられ男衆二十人ほどに担がれて、かけ声と共に山道をお社へと向かいます。

このとき女や子どもは山に登ることはできません。
山道の途中途中にはたくさんの幟が立てられ、お社前の広場には煌々と篝火が焚かれています。
「おさっしゃ」はまず、 神職の口上から始まります。
村人の中にも意味のわかるものは少ない日本語とは思えないようなものです。
その後に神への贄が捧げられます。

酒と御幣と数日前に村人が仕留めた一頭ずつの鹿と猪です。
そしてまた祝詞のようなものがあり、 わたしは「にご」から出されます。
ここで一年間習い覚えた踊りを披露します。

わたしは無我夢中で踊り、なんとか一つも 間違えずに終えました。
周りを囲んだ男衆から口々に「よい出来だ」「今年はよい」などの声が聞こえます。
踊り終えたわたしは、茶碗一杯の御神酒を一息に飲むように命じられました。
一同はこれで帰ってしまうのですが「おさっしゃ」はわたしにとってはまだ続きます。

明日の朝、里で一番鶏が鳴くまで、このお社の中に一晩こもって過ごさなくてはならないのです。
神職がわたしの側に来て
「ちょっと怖い目をするかもしれないが心配ない。何も危険なことはないから、決して逃げ出したりせずしっかり務めてくれ。」
そう言って外に出て扉に錠をかけたようでした。

板のすき間からわずかに見えていた篝火が消され、男達の声も消えました。
お社の中は灯りもなく真の暗闇となりました。
外はほとんど風もないようですが、不思議と怖いとは感じませんでした。

かすかに木の葉がさやぐ音が壁を通して伝わってきます。
三時間ばかり過ぎ寒くなってきました。
ふと真っ暗で何も見えないのに、社殿内の空気が変わったのがわかりました。
それと同時に社殿内がものすごく獣臭くなり、 何かがいる気配がします。
それも二頭の息遣いに聞こえます。

身を固くしていると、あっという間に白絹をはがされ、わたしの体は宙に浮きました。 
ひょいと足首をつかんで持ち上げられたのだと思いました。
そして肌襦袢も脱がされ、体中を触る感触があります。
それも毛むくじゃらの手で。

わたしは怖ろしさで声も立てられず、気が遠のいていくのを感じました。
これは声に出した会話というのではなく、直接わたしの頭の中に入ってきた会話です。

「これは見目よいと思うたがおなごではない」 
「おなごではないな」
「またたばかられたか」
「今年もたばかられたか」 
「酒と獣肉はもろうておこうぞ」
「これは返そう」 
「うむ、返そうか」

そしてわたしの体はどーんと床に投げ出され、今度こそ本当に気を失いました。 
目覚めたのは朝のまぶしい光のせいでした。 
社殿の扉が開いており神職達が迎えにきてくださっていたのです。

これでおさっしゃの私の役目は終わりました。