【異国の悪魔に間違われた】
indnesia

十年くらい前、俺の親父がインドネシアに出張した時の話。

親父は語学堪能な方だから、現地のガイド、 中国支社の人、日本の同僚の三者通訳みたいな感じで山にある工場見学へ行った。
帰り道、舗装されてない山路を車二台に分乗して走った。
夜になってきた頃、インドネシアではお決まりのひどいスコールになってきた。

すると前の車がスリップ。
前の車は山肌を回転しながらズルズル落ちて、死人はいないけどけが人がひどい状況だった。
親父の乗っていた後続の車もそれ避けようとして横転。


ガラスはめちゃくちゃに割れて、同乗者の負傷っぷりは同じようだったが、親父だけが奇跡的に右手の側面を削っただけで済んで、血もそんなに出ていなかった。

ガイドが言うには、歩いて二十分くらいのところに集落があるので、そこで助けを呼んでくれということになった。ケガが軽い親父は、スコールの中一人で集落へ向かうことになった。

とりあえず集落の人に事情を話し、 怪我人を運んでもらった。
親父はその間、集落に医者がいるかもと探していたが、 シャーマンしかいなかった。

シャーマンって気難しい人が多くて、この集落にいる奴も最初は外国人は帰れって感じだった。
でもシャーマン、なんとなく親父の”何か”が気になったらしく、持ち物を全部見せれば怪我人をそれなりに治療してやるし、朝一で街の病院へ連れてってやるって言い出したんだ。

これは身ぐるみはがされるかな…と親父は思った。
とはいえ、仲間の大事なのでやむなく承諾。
別室に連れて行かれ、ポケットの中身を全部出させられた。

この時点で、親父は雨と泥でめちゃくちゃになったスーツは既に脱いで下着だけだった。
オマケで(ゲイに)ヤラれるかもとビクビクしてたらしいwww
結局そんなことはなかったんだが、シャーマンの目にとまったのが定期入れ。

日本で通勤してる時に使ってる定期しか入ってないから、おかしいなと思ったそうだが、中身を見せろと言われたので見せた。
そしたら、シャーマンは定期の後ろに入ってた俺の写真を持って、これのお陰だと言った。

親父の怪我だけが不自然に軽いので、シャーマンは何か強力なお守りを持ってると思っていたらしい。
シャーマン曰く、国や地域ごとに神様や悪魔は違っていて、日本では俺の写真は"ただの俺の写真"にすぎないが 、たまたま事故った場所にいる悪魔が俺に近い波長を持つやつだったと。
それで、その悪魔は俺の写真から感じる波長を仲間だと思い込み、親父の怪我は結果軽く済んだって事らしかった。

俺は小さい頃、インドネシアに長いこと住んだことがあるから、そういう波長になったのかもって言われたらしい。
その後、親父の同僚さんたちや現地ガイドさんも病院に送ってもらって順調に回復したし、親父も実家でピンピンしてる。

ただ、異国の悪魔に間違えられた俺は、未だにこれを素直に喜べずにいる。