【河童の所以】
kappa

俺が育った四国のとある村の話。

親の仕事で3年間住んだ村は、鎖的で且つ人口も少ない集落。
その状況下だからかわからんが、斜視の割合が多かった。
多分限られた人口で血が濃いのだろう…

そんな村で毎年盆の納涼祭で地元の神社で催し物をやるんだ。
これがちと異色で、色んなお面をかぶった大人達が太鼓に合わせて踊る。
踊りとゆうよりは太極拳みたいなゆっくりとしたペース。
そして一通り踊ると前にあるキャンプファイアの火に、和紙で折った人型の折り紙を次々入れていく。


入れていった順に塩を掛けられた後神社の中に入っていった。
途中からなんか不安な気持ちになってきて、なんでだろうと思っていたらなんの事ない。
みんなつまらなさそうなうらめしそうな顔していたんだよ。

最後のが特徴的で、あまり見ないお面の人が同じく踊り、上に着ていた着物に人型の折り紙を包んで火に入れると神社の中には入らず家に帰っていった。

そのお面がカッパそっくり妙にリアルでまさに爬虫類だった。

気になったのが最後の人が踊っている時だけ、周りの人みんな泣いてた。
家族と一年目は行ったんだけど、二年目からは行かせてもらえなくなった。
子供心にもなにか思い当たる節はあった。

最後にカッパのお面をしてた大人は4件隣のじいさまで、それから見なくなったんだよな。生け贄って言葉を本気で信じそうになった。
大人になった今調べようと思えば調べられそうだが、なんとなく嫌な予感がするからやめといた。

ちなみに神社の裏に10メートル四方くらいの沼があり、住民いわく底なしらしい。
よく近づいて怒られたものだが、今になって考えるとカッパのゆえんはアレ。
池のほとりにしめ縄してたしオカルトは間違いない。