【お札を返納したところ】
ofuda

旦那の実家は廃屋。

義兄を甘やかした末に裏切られ、住むつもりもないけれど旦那名義のその廃屋が残った。
その家はいずれは手放すつもりで掃除を開始した。
仏壇は立派でまぁ新興宗教にやられまくりの人達だったけれど、地域の神社の御札だけは玄関先のうちつけた棚の上に、ぽつーんと置かれてるだけだった。

「もう必要のないし返さないとな…寂しいよね」と思い、その御札に書いてある神社に行ってみた。
その神社はいつも神職がいる所ではなく、年に一回のお祭りの時だけ賑やかっていう神社。 誰もいない、返納する場所もない、賽銭箱もない…


黙って置いてきて、やがて御札は風に飛ばされてただのゴミになる運命。
でもそのまま帰るのも悔しいし、拝殿の前に来たのでお詣りした。
「御札持ってきたんですけど、返すところがないので家で処分します。すいません」 と、つぶやいて帰ろうと歩き出した。

そしたら、手に持ってた御札が泳ぎだした。
3Dこっくりさん状態と言えばいいのか、あれよあれよという間に御札に引っ張られるように拝殿前に戻る。

そこで「御札を振る」みたいに思ったので、頭に浮かんだとおりに振ってみた。
そしたら、御札の厚みと重みが消えてただの紙になった。と、確信した。
「ありがとう!」って御礼を言って家に帰り、ゴミに出した。