【自殺しようと神社へ報告】
imori

もうだいぶ前のことになりますが、当時私は金属加工の小さな工場を経営していて、折からの不況もあってその経営に行き詰まっていました。
そしてお恥ずかしい話ですが自殺を考えたのです。

もう子供たちは成人しておりましたし、負債は生命保険で何とかできると思われる額でした。
今にして思えば何とでも道はあったのですが、精神的に追い詰められるとはあのことでしょう。

五月の連休の期間に、家族には告げずに郷里に帰りました。
郷里といっても、もう実家は存在していなかったのですが、自分が子供の頃に遊んだ山河は残っていました。
この帰郷の目的は、裏山にある古い神社にこれから死にますという報告をしようと思ったことです。


神社に行くまで少し坂を上りますので、鳥居をくぐったときにはだいぶ汗ばんでいました。
この神社は村の氏神のようなものですが、過疎化の進んだ昨今は常駐する神主もおりません。
祭のとき以外にはめったにお参りする人もいないような所です。

大きな石に山水をひいた手水鉢で手を清めようとして、ふとその底をのぞき込んだときに、くらくらとめまいがして、水に頭から突っ込んでしまいました。
深さは五十センチ程度だったと思うのですが、私の体はストーンとそのまま手水鉢の中に落ち込んでしまいました。

ばしゃっと音をたてて井戸の底のような所に落ちてしまいました。
ショックはあったのですが、そのわりには体に痛いところはありませんでした。
そこはおかしな空間で、半径1.5mほどの茶筒の底のようで1mくらい水が溜まった中に私は立っています。

回りの壁は平らでつるつるしていて、しかも真珠のような色と光沢で内部から光っているのです。
一番不思議なのは、真上10mくらいのところに手水鉢と思われる穴があり、水がゆらるらとゆらいで見えることです。
しかし私自身の顔は空気中にあり、下半身は水の中にいるのです。

私が浸かっている水はまったく濁りがなく透明で、さして冷たくはありません。
底の方を見ていると足元に20cmばかりのイモリがいるのに気づきました。
イモリは一匹の小さな青ガエルを足の方から半分ほどくわえ込んでいます。

カエルはまだ生きていて、逃れようと手をばたつかせますがどうにもなりません。
その状態が長い時間続いているようです。
私はふと、そのカエルの姿が工場の資金繰りに行き詰まってもがいている自分のようで、かがんで手を伸ばし助けてやろうとしました。

その時、頭の中に声が聞こえたのです。
「そうだ、そのカエルはお前だ。ただし今のお前ではなく、自死したのち罰を受けているお前の姿だ。」

私は、あっと思いました。がつん、ばしゃっという衝撃があり、気がつくと手水鉢の縁に頭をぶつけていました。少し血が出ました。
血は神社のけいだいでは不浄と思ったので、ハンカチで押さえながら急いで鳥居の外に出ました。

体は少しも濡れたりはしていません。
そしてその時には、あれほど頭の中を占めていた自殺という考えはすっかりなくなっていたのです。

郷里から帰った私は奮闘し、工場の経営を立て直しました。
そして毎年その神社へのお参りは欠かしていません。