【漁村にある神社の新設にて】
kibako

父から聞いた漁村の話です。

戦争中、紀元二千六百年記念行事の際に、漁村の神社を新しくするという事業が行われました。
その為に神社の宝物殿のものを、他の場所に移す作業が必要になりました。
沢山の人間がそれに関わるというのは何かと都合が悪いというので、 村の若者の中から3名の成人前の男が選ばれたそうです。

その内の一人から父が聞いた話なのです。
古い船の荷造りのために作るような木箱が特に重要だと神主が考えていました。

その木箱は非常に重く、とても三人では持ち上げることも移動させることもできませんでしたので、その宝物殿から丸太で簡単なレールを敷設し、その上を滑らせて移動させたそうです。 三人しかいなかったので大変な作業でした。 

話をしてくれた人が言うには、その木箱は常に「唸っていた」ということです。
”箱から音が出ていた”ということらしいのです。

また、初夏というのに箱は非常に冷たかったそうです。
木材はふつう温かいのに、それが冷たいといのも変だったと。
その三名は作業を終えた後、どのようなものを移動させたかを口外することを禁じられたそうです。

その後、その三名のうち二名は出征して戦死しました。
残りの一名は病死。身体全体に斑点が浮き出てやせ細って死んだそうです。 天然痘ではないか?と、最初に診察した近くの町の医者は疑ったそうですが、 その後、まったく噂にならなかったし、なんの対策もされなかったそうです。

その宝物は今も村の神社にあるかもしれません。
私も知人も家族も、そのようなものは見たことがないのですがね。