【独自の宗教】
umi

その家独自の宗教みたいのあるよね。
実家がそうなんだが、親戚や近隣の人に知られないように秘密厳守。
崇めてるのが古く汚れた魚みたいな像で、拝む文句も「フーフシ、アヨカニ…」って感じで意味不明。

色々と決まった日に儀式もあり、その儀式で起きた話。
儀式の意味は知らないが、夏のある日、夜に家の後継ぎの俺がマッパで海に入り拝む、とゆうやつ。
毎年何もなくやってきたがその時はヤバかった。


拝みながら立ち泳ぎをしてると、次第に体の疲れと海の冷たさで頭がハイになって、仕舞いには半笑いで大声で拝んでいた。
もう体と海の境さえわからない感じになった時、 何に掴まれたのか分からんが、凄い速さで海に引き込まれた。

引き込まれながらも頭はハイで、体の感覚は無いのであまりパニくらなかったが、海水が口に違和感なく入ってきた。
ぼ~っとしながらも、目には夜の海中が見えてるのだが、真っ暗のはずが俺の横に一緒に海へ潜ってる様なやつがいた!

ただ青白くボヤッと光る体の輪郭しかわからなかったが、頭の部分が妙にとがってた。
そこで意識を失ったんだが、どうやら岸で待っていた父と祖父に助けられたらしい。
車に乗せられる所で気が付いた。

口の中に真珠が五つ入ってた。
それを見た祖父は「今年は返事が来たか」と言ったが意味不明。
いまだに聞いても、まだ早いらしく教えてくれん。
あれは何なのだろうか。