神様のおまとめ

2chの神様にまつわる不思議な話、オカルト、ほっこりする話、笑える話、神様の怖い話のまとめ。日本の神様、神社の神様、動物の神様、お稲荷、山の神様、海の神様の話まとめ。

    お稲荷様

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【お狐さんの斡旋業】
    inari

    うちにいる2匹のところには、よく他所であぶれた御狐さんが来る。

    そのせいか、いつも声しかきこえないが大抵は職業斡旋している。
    『○○から暇を出されてしまいまして、ここに置いて戴けませんでしょうか』
    『ここは今は受け入れしていない。□□は近日祭事だからそこへいってみなされ』
    そんな会話が無人の玄関から聞こえる。御狐さんも派遣がいるんだな。

    うちの姉が仕事運上昇を願っていたので2匹に掛け合ってみたところ
    『初詣先に相談してみよう』
    そして、正月に一匹の御狐さんが姉のところへやってきた。


    【お狐さんの斡旋業】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【狐の嫁】
    inari2

    うちは先祖代々、必ず女が生まれる。

    その女の子が初潮を迎えた時と成人(なぜか18歳)になったときに、
    近所のお寺の隣にある稲荷神社に、数珠と油揚げと、
    自分の血を薄めた墨で書いた自分の名前を、奉納しなければならない。 

    ずっと女の子が生まれてそれを続けていたんだが、俺の時は女の子は生まれなかった。 
    仕方なく女顔で小柄で女の子のような名前の俺が、12歳の時に初潮があったふりをして奉納して、
    18歳の誕生日のあとにそれを行った。 


    【狐の嫁】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【お稲荷さんのよだれかけ】
    5ac4709674dc2454473690267b6577a2_s

    学生時代に体験した話。 
    稲荷公園で友人数人とこわい話で盛り上がった。 
    なかでも友人Tの話がインパクトがあって… 

    お参りしていたお稲荷さんのよだれかけがひどくボロボロだったのを見たTのおばあちゃんが、
    『かわいそうに…新しいのを作ってあげますからね』
    と心の中で話しかけたそうだ。 
    ところが、社交辞令的に思った事なので彼女はそのまま忘れてしまった。 


    【お稲荷さんのよだれかけ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【-お稲荷さんのほっこりするお話2-私の実家には電話に出る「何か」がいる
    tel

    前提として、 
    ・私の実家と私自身には、狐というか稲荷様と電話にまつわるオカルト話がある。 
    ・我が家の構成は義母(旦那の母。高齢)、旦那、私、子。 

    私は団地のような集合住宅に住んでいるのだけど、
    以前から仲良くしているママ友Aから「あの人には注意して」と言われている、ちょっと香ばしい言動の人(以下、泥)がいた。 

    ところが先日同じ棟内で火事があり、子を義母に頼んで私はAの元へ。 
    Aは足が少し悪く、住まいが火元の近くだったので、私はAとA子を避難させるのを手伝っていた。 
    子は奥の部屋で寝ていて、義母はトイレへ。 

    【-お稲荷さんのほっこりするお話2-私の実家には電話に出る「何か」がいる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【-お稲荷さんのほっこりするお話1-私の実家には電話に出る「何か」がいる
    inari1

    家に誰も居ないとき限定で、家の固定電話に電話をかけると「何か」が電話に出る

    それが無言でもなくノイズでもなく、ごく普通に
    「はい(苗字)です」
    と、若い男性(印象としては20前後ぐらい)の声で。

    で、「何か」に用事を頼むとしっかりこなしていてくれる。

    ・お風呂沸かしておいて
    ・○○の電源切り忘れたから切っておいて
    ・何時になったら洗濯物を取り込んでおいて

    などなど、敷地内限定かつ人に出会わないもの(宅配受け取って、などはNG)


    【-お稲荷さんのほっこりするお話1-私の実家には電話に出る「何か」がいる】の続きを読む

    このページのトップヘ