神様のおまとめ

2chの神様にまつわる不思議な話、オカルト、ほっこりする話、笑える話、神様の怖い話のまとめ。日本の神様、神社の神様、動物の神様、お稲荷、山の神様、海の神様の話まとめ。

    自然の神様

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【山の神様の婿】
    muko

    二年前くらいの事なんだけど、ちょっと気分転換に散歩に行こうと思ってある日家を出たんだ。 

    特に行先を考えずに歩いていたら、目の端に山が入って、突然何でかそこに行こうと思った 。その山は小学校の近くの山でそんなに大きくない。
    子供の足でも30分くらいで登れる小さい山 。

    住んでる所がド田舎で周りに何にもないから、小学校の頃は皆でその山に登って、エアガン撃ち合う遊びばっかりやっていた。
    久々に登ると体力落ちてるのか結構しんどくて、ひぃひぃ言いながら大汗かきながら登った。 


    【山の神様の婿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【山の女神の婿】
    girl

    眠れないがてら昔話でも

    俺の地元は山中にある集落だった 
    だったというのは、今ではその集落は過疎や車が必須などの不便さにより、
    ほとんどの世帯が山の麓の町に移り住んでるため今では先祖の墓が残っている程度だ 
    俺は中学卒業と同時に県外の高校に下宿し、地元に帰るのは1年に一回というのもザラで、
    高校卒業後就職してからはほとんど帰ることもなくなった

    就職して3年ほどたった時実家から一本の電話があった
    近いうちに実家に帰って来いというたまにくる催促の電話だ 
    俺は仕事が忙しくない時期だったこともあり、久々に顔でも出してやるかと自家用車で実家に帰省した


    【山の女神の婿】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【山のどんぶり飯
    donburi

    大学時代、登山サークルに所属していた。

    田舎の大学だったので近場に登れる山がいくつかあり、そこそこの規模のサークルだった。
    そのサークルの先輩に尾久(仮名)という、単位を落としまくっても山に登るサークル一の登山馬鹿の男がいた。
    尾久はいるだけでうるさいような男だったが、快活な性格からサークル内でも慕うものは多かった。

    ある日、尾久に奇妙な一枚の写真を見せられた。
    山中大きな岩の上に、箸がまっすぐ突き立てられた山盛りのどんぶり飯がぽつんと置いてある。

    【山のどんぶり飯】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【麓の方】
    cycring

    俺が2年くらい前に体験した話。

    俺は休日サイクリングするのが好きで、家が川沿いにあるので、よくその川を上流に向かってサイクリングしてたんだ。
    でも、最近の川ってどこも塀と柵があるじゃない。
    しかもいきなり地下に入ったりするから、単純に川沿いだけを狙って走っていた俺は、かなり入り組んだ道を走ってたんだ。

    5時間ほど行くと塀なんかがなくなってきたんだが、水量からして支流の方を辿ってしまってたらしい。


    【麓の方】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【コダマ】
    mountain2

    山で仕事をしてた時の話。

    仕事を終えて作業道を歩いて下っていたら、上の方で妙な声がした。
    「ホゥ」とか、「ウォ」みたいに聞こえるんだけど、
    呼ぶ時に山でよく通る声を出す人もいるから誰かいるのかな?
    と思って上を見たら尾根の方に小さな人影が見えた。

    逆光でシルエットしか見えないんだけど、こっちを見てる様子。
    俺も「オオゥ」みたいな声で答えたんだけどじっと動かない。
    と思ったら、こっちに手を振ってジャンプし始めた。


    【コダマ】の続きを読む

    このページのトップヘ