神様のおまとめ

2chの神様にまつわる不思議な話、オカルト、ほっこりする話、笑える話、神様の怖い話のまとめ。日本の神様、神社の神様、動物の神様、お稲荷、山の神様、海の神様の話まとめ。

    自然の神様

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【やまけらし様】
    yamakerasi

    俺の家は物凄い田舎で、学校に行くにも往復12kmの道程を自転車で通わないといけない。 

    バスも出てるけど、そんなに裕福な家でもないので定期買うお金がもったいなかった。 
    学校への道はちょっと遠回りだけど街中を通る道と、若干近道だけど山越えをする道と2つあるんだが、俺は山越えで汗だくになるのが嫌だったのでほとんど街中のルートを通っていた。 


    【やまけらし様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【勾玉】
    magatama

    俺の地元の山に神主もいない古びた神社があるんだが、そこに祀られている神様は所謂「祟り神」というやつで、昔から色々な言い伝えがあった。

    大半は粗末に扱うと災害が起きるとかそんな話なのだが、そのうちの一つにこんな話があった。
    それは戦国時代、当時の領主の放蕩息子が祟りなど迷信だといって神社のご神体を
    持ち出し、あろうことか酔った勢いで御神体に向かって小便をかけた。
    それから異変が起きた。


    【勾玉】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【尊勝陀羅尼】
    sonshoudarani

    ある男が一人で山に登っていた。

    するとどうしたことか、途中で靴紐がプツッリと切れてしまった。
    今までこのようなことはなかったので、おかしいと思いながらも修繕してから歩き出すと、今度は反対側の靴紐が切れてしまった。

    やれやれ、またか。
    と思って、近くの木によりかかって直していたら、いきなり後ろから強い力で両肩をつかまれたかとおもうと、「ギャッ!」と叫び声がして、つかんだ相手がとびすさる気配がした。


    【尊勝陀羅尼】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【注連縄】
    simenawa

    俺の田舎の祭りに関する話。
    俺は神戸に住んでいるんだけど、子供の頃、オヤジの実家である島根の漁師町へよく遊びに行ってた。
    9歳の時の夏休みも親父の実家で過ごした。
    そこで友達になったAと毎日遊びまくってて毎日が凄く楽しかった。
    ある日Aが「神社に行こう。神社の社殿の中に入ってみようぜ」と言い出した。

    その神社は山の上に立ってて、境内にまず鳥居がある。
    山から麓までは階段が続いていて麓にも鳥居。
    それから、鳥居からまっすぐ海に向かうとすぐに浜に出るのだが、浜辺にも鳥居が立ってる。つまり境内から海まで参道がまっすぐ続く構造。


    【注連縄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【海神】
    sea

    これは15歳の時、本当に体験した話。

    俺の実家は海沿いの田舎町なんだけど、メチャ綺麗な海が有名なんだけど、色々とイワクがあるんだよね…

    幼馴染のKの実家は代々続く名家なんだけど、
    『そこの家の嫡男は、15才の誕生日に海に近づくと命を落とす』って言い伝えがあったんだ。
    海神が死んでしまった自分の子供を生き返らせようと、
    選ばれた家の嫡男の魂をもって行くって話しなんだけど、俺もKも眉唾だと全然信じてなかったんだよね。


    【海神】の続きを読む

    このページのトップヘ