神様のおまとめ

2chの神様にまつわる不思議な話、オカルト、ほっこりする話、笑える話、神様の怖い話のまとめ。日本の神様、神社の神様、動物の神様、お稲荷、山の神様、海の神様の話まとめ。

    動物の神様

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【うちには猫神様がいる】
    neko2

    うちには2匹の猫がいる。2匹とも雑種だ。

    そのうちの1匹に、2度程助けられた事がある。
    それからは名前を「猫神様」と呼ぶようになった。
    これは猫神様に助けられた時の話だ。

    ある日曜日、遅い朝食をコンビニへ買いに行った帰り、犬に襲われそうになった。
    野良犬ではない。 首輪をしていたからだ。犬種はドーベルマン。
    唸り声をあげ 今にも飛び掛かってきそうに身を低くして近づいてきた。

    飛び掛かる時の反動付けのよう一瞬その犬がさらに身を低くした時、 何かが空から降ってきて、その犬の顔を覆った。


    【うちには猫神様がいる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【カガ様の生贄】
    dsha

    医者だった祖父がとある山中の無医村に赴任したときの話。

    祖父と祖母の家に預けられる形で、当時6歳の俺も一緒にその村で暮らすことになった。 喘息持ちの俺の転地療法も兼ねていた。
    初日から村を挙げての大歓迎だった。

    鎮守の神だという蛇(カガ)を祀る神社で盛大な祭りが催され 「神様のご加護」「神様の目印」として玄関先と裏口に巨大な鈴のついた幣束がとりつけられた。
    診療所兼住宅として与えられた建物は真新しく、わざわざ整地した土地に新築されていた。


    【カガ様の生贄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【年頃の男をさらって食べる神様】
    middle_1321114152
    出典wave.ap.teacup.com

    俺の母方の実家にまつわる話。
    昔は名家で町や市の議員を輩出したこともあったらしい。
    今はだだっ広い家と田んぼしかないけど、 その実家の隅のほうには白蛇の神様を奉った社がある。

    まぁ中は蛇がとぐろ巻いたように見える白い石が置いてあるだけなんだが。
    祖母が言ってた話だと、その神様がいる限り家は安泰で幸福が訪れるとか何とか。
    他の地域でも昔からの家だと奉られてたりするらしい。

    でも、その神様は男好きで、年頃の男をさらって食べるらしい。


    【年頃の男をさらって食べる神様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【まぁ婆さん】
    suzu

    うちのひいばあさんは拝み屋です。
    二年前、ひいばあさんの知り合いのまぁ婆さんが亡くなりました。

    そのまぁ婆さんも拝み屋でした。
    彼女が亡くなってから一週間、葬儀も終わり、少し落ち着いた頃、その家で異変が起きはじめたそうです。
    まぁ婆さんの家族からひいばあさんに電話がありました。

    家族の話しでは、トイレに誰かが入っている。
    でも家族は居間に全員いる。
    おかしいなと思ってたら、まあ婆さんがトイレから出てきて、生前使っていた部屋にいたり、普通に存在してる様にそこにいるんだと。

    【まぁ婆さん-拝み屋ひいばあさんシリーズ3-】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【キツネが邪魔をして家に帰れない。】
    fox

    村の結婚式の晩、引き出物の魚を持って自宅に帰ったはずの男が
    「キツネが邪魔をして家に帰れない。」と宴会場に戻ってきた。
    キツネが魚欲しさに、男を道に惑わせて奪おうとしたのである。

    他の男が夜明けまで待てと言うが、キツネごときにバカにされてたまるかと、再び夜道を帰っていってしまった。

    翌日、その男が畑の真ん中で死んでいるのが見つかり、その体は獣にでも引き裂かれたかのような傷だらけであった…。
    そして男の周りはぐるぐると円を描くように、惑わされた男自身の足跡が永遠と続いていたのである。

    このページのトップヘ