【山の神様と酒盛り】
wiskey

現在大学3年でそれは大学2年になってしばらくした時の話です。 

久しぶりに地元に帰り、家族に近況報告をすませると何となく昔よく遊んだ近所の山に行ってみたくなりました。 
外は少し寒かったこともあり、ウイスキーの酒瓶を片手に軽く飲みながら出かけました。
 

山に入ると、昔と何ら変わってないことを確認できて非常に嬉しかったです。 
しばらくそうしてフラフラ歩いていると少し遠くの茂みから、 
「こっちにきて飲まないか」 
と誘う男の声が聞こえました。
茂みの周りは薄く照らし出されていて焚き火をしている様子でした。 


【山の神様と酒盛り】の続きを読む