【人食いの風習があった家系】
nikushoku

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人食いの風習があったっていう土地だ。

生贄だとか飢饉でとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。
それは小さな神社で行われてたとのこと。

そこの神主さんが亡くなった人の脳だとか脊椎だとかを啜り、その人の魂を受け継ぐ。
イタコの真似事のようなことをして、残された家族とかに故人からの言葉を送るという。
気味が悪いように聞こえるけど、それほど殺伐としてようなものじゃないみたい。

60年代を過ぎるころになると、さすがにそのような風習も廃れてきた。
ちょうどその頃は、神社の神主を息子さんが受け持つようになっていたし、法律とかそういう問題もあったから世代交代の時期だったのかもしれん。


【人食いの風習があった家系】の続きを読む