【写真嫌いの神様】
camera

私は、ある町の近くにある山の風景を写真に収めるためにやって来ました。
写真家や登山家の間ではその美しい風景が有名となり、私の耳にも入ってきたというわけです。しかし、気になることが一つありました。

その山の名前は私も何度か聞いたことがあるのですが、実際に写真や映像で見たことはなかったのです。
それなりに有名でしたから、テレビや雑誌で紹介されていてもおかしくないのですが、なぜか一度も見たことがありませんでした。

山の近くの町で1泊してから山に登る予定でした。
旅館の従業員は私を見てカメラマンか何かだと感じたようで
「またカメラマンさんですか。無駄だとは思いますけど、せめて景色を楽しんでいってくださいね」と言いました。


【写真嫌いの神様】の続きを読む