神様のおまとめ

2chの神様にまつわる不思議な話、オカルト、ほっこりする話、笑える話、神様の怖い話のまとめ。日本の神様、神社の神様、動物の神様、お稲荷、山の神様、海の神様の話まとめ。

    怖い話

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【鏡合わせの神社】
    boy

    当時小学生の俺はボーイスカウトの団員だった。

    ボーイスカウトってのはキャンプとかの野外活動をする団体で、 夏休みのある日、地元の郊外を十数kmハイキングすることになったんだ。
    ハイクではルートの途中に何箇所か通過チェックポイントを決めておく。

    そのときは住宅地の片隅にある小さな神社をチェックポイントにしていたんだけど、 いざ実際に歩いてその場所に着いたら、神社が二つあったのよ。
    十字路を挟んだ対角線上にそっくり似ている神社が二つで鏡合わせになっているみたいだった。
    地図には鳥居マークが一つしかないのに、おかしいぞと。


    【鏡合わせの神社】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【ドコモ関連の設備管理の仕事をしている者です】
    tower

    私(女)はドコモ関連の設備管理の仕事をしている者です。

    去年の12月27日、私と上司2人は山頂にあるアンテナ鉄塔の点検に出かけました。
    山道を車で登っていったのですが、途中で雪が深くなってきました。
    スタッドレスタイヤを履いていなかったのでそれ以上進めなくなり、 仕方なく神社の前に車を置いて1kmくらい歩く事になりました。

    雪は表面が凍っていて、踏むとザクザクと音がします。 
    不思議と木には雪が積もっていなかったので、上司(Kさん)に聞くと
    「木の枝に積もった雪は、すぐに下へ落ちるからな」と答えました。 

    【ドコモ関連の設備管理の仕事をしている者です】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【目を見開いたまま気が触れた友人】
    shrine

    ある夏の夜、若者達が里の裏山の頂上にある神社で宴会をやっていたそうです。

    そのうち「じゃんけんで負けた者を木に縛って置いて行こう」ということになったらしい。
    (縛られた人が嫌がったか、度胸を示すために頑張ったかは忘れました) 
    一人を残して皆は引き上げました。

    翌朝、縛りつけた若者のヒモをほどきに仲間たちが神社に行くと、境内の木の下で縛られた若者は眠っていました。
    しかし、近づいてみると彼は眠っていたのではなく、目を見開いたまま気がふれていたそうです。
    何かを見たようなのですが、言っていることがめちゃくちゃで、何を見たかは分からなかったとか。
    70年代末、東京郊外での話だそうです。
    野外学習中、引率の先生からその神社の境内で聞きました。

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【祠を動かすのはあまりにも危険すぎる】
    hokora

    何が入ってるかわからない祠を動かすのは、あまりにも危険すぎます。

    神主いない神社も、地元のなにがしかの神社が管理してるはずです。
    その神社調べた方が良いです。(逆検索としては、地元の有力な神社調べれば、末社として登録されてる事が多いです)

    ネットで検索すれば、たいてい電話番号載ってるから連絡したほうがいいです。
    うちも祠動かしたために、町内から一家に一人づつ死人がでて大変でした。


    【祠を動かすのはあまりにも危険すぎる】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    【キツネが邪魔をして家に帰れない。】
    fox

    村の結婚式の晩、引き出物の魚を持って自宅に帰ったはずの男が
    「キツネが邪魔をして家に帰れない。」と宴会場に戻ってきた。
    キツネが魚欲しさに、男を道に惑わせて奪おうとしたのである。

    他の男が夜明けまで待てと言うが、キツネごときにバカにされてたまるかと、再び夜道を帰っていってしまった。

    翌日、その男が畑の真ん中で死んでいるのが見つかり、その体は獣にでも引き裂かれたかのような傷だらけであった…。
    そして男の周りはぐるぐると円を描くように、惑わされた男自身の足跡が永遠と続いていたのである。

    このページのトップヘ